▲妹妹結婚都不知!月入 28 萬成「一家之恥」, AV 女優曝心酸。(圖/翻攝自推特)

日本 AV 產業蓬勃發展,不少 AV 女優擁有超高人氣,深受大批粉絲喜愛,不過,外表看似光鮮亮麗,背後卻默默吞下不為人知的辛酸。曾以藝名「持田茜」闖蕩 AV 界 15 年的女演員 しじみ ,過去拍了超過 200 部以上作品,一度月入 100 萬日圓(約新台幣 28 萬元),卻因 AV 女優的身分被痛批是「一家之恥」,甚至和家人斷絕往來。

▲しじみ 吐露 AV 界一路走來的辛酸血淚史。(圖/翻攝自推特)

AV 達人「一劍浣春秋」曾介紹,持田茜堪稱當年最具代表性的重口味女優,「據說她本人一直非常享受於『被虐』的快感中,所以才能在重口味的作品中演出極為自然,甚至樂在其中。」不僅 AV 作品超過 200 部,還跨足電視圈,事業相當得意。

事實上, しじみ  20 歲時隻身一人來到東京,被星探發掘後以藝人「持田茜」進入 AV 界,被譽為「元祖癡女三巨頭」之一。回憶起過往,雖然曾月入百萬日圓,家人卻不能理解,甚至痛批她是「一家之恥」,就連妹妹結婚、祖父母過世,家人都挑明不准她出席,冷言冷語讓她心碎不已。

自 AV 界引退後,她坦言至今仍有 AV 女優的後遺症,自嘲「以前做愛就是工作,現在反而會想拿不到錢的話,為什麼要跟男生做愛呢?」如今她成了一名獨立演員,主要演出情色電影、舞台劇、 AV 臨演等,但演藝成績卻不如以往,像是出演舞台劇薪水僅有 4000 日圓(約新台幣 1110 元)、 AV 臨演約 2 萬日圓(約新台幣 5552 元),目前租屋住在狹小的公寓,三餐常吃超商食物簡單解決。

▲しじみ 自 AV 界引退後,星途不如以往順遂。(圖/翻攝自推特)